2016年02月


 口に含むと体中に香りが水腫広がるようだった。
「変わった味だね」
 三種類の葉と二種類の花が入っていると麗蓮が言った。
「レシピは?」
「秘密」
「中国人は香りの民族だって、何かの本で読んだことがある」
「そう。花を愛するのも香りから。日本人みたいに見た目からじゃない。もちろん見た目も大事だけれど……これは家に伝わったもの。
本当は食事の後に飲むのよ」そう言いながらった寺山のコップに二杯目を注いだ。
「喉が乾いちゃってね。いつも激光脫毛優惠はビールなんだけれど」
「仕事は?」
「この間言わなかったっけ。夜勤なんだ。これから食事して寝るだけ。君は?」
「私の仕事も夜」
「アイランド?」
「ううん。会ったでしょ、新宿で。朝までやっている中国料理店で仕事してる。そうだ、食事まだなんでしょ。中華は口に合うかしら?」
「口に合わないものがあるような育ちはしていないよ」と寺山は笑った。
「待ってて、たくさんもらってきて食べきれないのよ」と麗蓮は立ち上がり、二、三歩行きかけたが、何か思いついたように立ち止まり、体を反転させ、コップを口に持っていこうとしている寺山の背に、「良かったら、寄っていかない。ビールもあ濾水器推薦るから」振り返ると腰の後ろで手を組んだ麗蓮が微笑んでいた。
 

d009b3de9c82d15876cd87b7830a19d8bc3e426d

これは、1922年の国際天文学連合の総会で整理され、
複雑に絡み合っていた星座間の境界もその時に確立し、現在に鑽石能量水至っている。

この星座の起こりは、いつのころかははっきりしていない。
星のロマンを書き綴った野尻抱影氏は、
紀元前3千年頃にメソポタミアに住んでいたカルデア人の羊飼いが
夜空を見上げながら作ったものだとしている。
その信憑性を疑う人も多い。
発祥がメソポタミアという事は認めても、
星座が確立したのは、せいぜい紀元前500年頃だろうという。

占星術でおなじみの12星座も、そのころには今のような星座として
確立していたようだ。
ただ、地球の自鑽石能量水転や公転周期が少しずつずれている関係から、
たとえ、少しの誤差であっても
2千年以上にわたって続けば、かなりのズレが生じてくる事になる。
実際のところ、
占星術は、決まって牡羊座から始まるが、位置関係から
魚座からはじめなければならないほどにズレが生じているようだ。
今日は、マヤ暦の最終日とされる日。

マヤ暦には、この日以降の予言が書かれていないところから、
悲観的な終末論をかざす人もいれば、
商魂逞しくも、ビジネスに活かそうとする人もいる。

たとえば、あるリゾートホテルでは、
マヤの豊かな文明を記念した
スペシャル宿泊プランを企画したりしているようだ。

夜空の星座や古代の神秘は、いつまでも人を惹く力を持っている。
今、冬の夜空の高いところに位置している星座は、オリオン座。

このオリオン座の名をイギリスで鑽石能量水はネルソン、ドイツでは
ヒトラーと改名しようという動きがあったようだ。
こんな勝手な命名では、ロマンも吹っ飛んでしまう。
やはり、星座は太古の神秘的な物語とともにある方が良い。

↑このページのトップヘ